2006年 07月 31日 ( 1 )

『ある日の手紙』 

里山さんへ

――突然ですが絵本はいいですね。ぼくは漁るようにして絵本を
読んできた経験はないし、それこそコレクションは数冊しかないの
だけれど、なにしろ絵本的な思考というものに魅力を感じるのです。

前にも書いたけれど、ぼくが絵本の物語をつくるときは、いつでも
お得意様である子どもたちに向けて書いている、という訳ではない
のです。勿論、子どもたちにも届けばいいとは思うけれども・・・。

こうした感情の起源(一種ぼく自身が絵本に対して抱いていたコン
プレックス)は、子どもたちばかりでなく大人に対しても向けられて
いる。なぜか?

その疑問を見透かすようにして、詩人の長田弘さんが、ある新聞
記事のコメント「――子どもの本は大人にとって、いま現実逃避の
場として求められ、受け入れられている――」にこう反論しています。

長田さん曰く「・・・もし苦境にぶつかって、(大人が)子どもの本に目
が向くとすれば、それは現実逃避のためでなく、自分の心の空白に
気づいて、子どもの本の経験の欠落を感じてだと思う。子どもの本
が読むものにくれるのは、胸の心棒になる理想主義であって、敗北
主義とは違うからです――」(『子どもの本の森へ』)

そうなのです。仮に子どもに向けて物語をつくったとしても、ぼくには
それが子どもたちへの「媚び」であるように思えてなりませんでした。
飼主にじゃれつく忠犬を、しらけた面持ちで眺めやる草葉の陰のネコ
の気分とでもいいましょうか・・・。

だからといって現実逃避する大人に向けて書くのでもない。そうでは
なくて、「自分の心の空白」を埋めたり、「胸の心棒」になるものを見つ
けだそう、取り戻そうとする行為がぼくにとっての絵本(物語)づくりの
出発点だということです。そのことをぼくは長田弘さんから教わった
のです。

(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2006-07-31 09:49 | 石垣ゆうじ


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧