『メトロ④を降りれば・・・』 (毎週日曜日更新)

【八百屋のおやじ】

名ばかりの三ツ星ホテルで、飽きるほどのパンとチーズを
義務的に胃に流しこんでいた夏もあった。宿屋の2階の窓
辺にすわり、朝まず目にするのは、陽気なチュニジア人の
おやじが営む一軒の八百屋なのであった。

ぼくたちの朝食よりいつだってすこし早く、その八百屋は始
まっていた。果物や野菜のつまった箱から中身をとり出して
は陳列し、やたらと休憩の多いおやじ。

蒸し暑いパリの6月の朝に、ナイトガウンをまとったまま、時
折り戸口に寄りかかっては親しげな笑みを行きかう人々に
投げかけている。

ぼくとジンは毎朝、きょうという一日をどうにかして乗り切ろう
と思案し合ったものだ。けれども、互いに向かい合って腰掛
けているふたりの視線は、通りの向かいの八百屋のおやじ
に向けられていて、ぼくにはジンがそれほど真剣に策を練ろ
うという気概が感じられず、苛立ちをおぼえていた。

きっとぼくが焦れてしまい、ひとりパリの街角で迷子になって
いるとき、彼はロンシャン競馬場を広大に囲うブーローニュの
森の小径で、おなじく開催日を確認せずにやってきた邦人と
すれ違い、気まずい会釈でも交わすことだろう。

パリのうっとうしい夕暮れ。くたびれたふたりが落ち合うのは、
いつでも宿屋の向かいにある、チュニジア人のおやじが営む
八百屋なのであった。

おやじはきょうも屈託のない笑顔をふりまき、バナナやヨーグ
ルトの精算を済ませるぼくたちに、言葉を投げかけてくれる。
「ナカータ!」。

サッカー好きなおやじにとって、極東アジアからやってきたぼく
等への親しい挨拶は、いつだってボンジュールやメルシーでは
なく、「ナカータ!」という世界の標準語なのであった。
■ 
(石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2007-02-11 21:27


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30