さよなら、金木犀。狂い咲きの夕べ。 (10月31日)

やはり音楽が必要で、レコードショップに出掛けては試聴をしてみるのだが、
まことに由々しきことに、この世はろくでもない音楽で溢れかえっている。どう
してこれが50万や100万枚というヒットに行き着くのかボクには到底理解でき
ない代物ばかりだ。作り手はアーティストと呼ばれている。だが果たしてそうで
ある以前に、彼ら(あるいは彼女ら)は、歌うたいやギター弾きでなければなら
なかったのだ。聴き手にも責任がある。しかも、大ありだ。恐らく彼らがすべて
を破滅に追い込んでいる張本人たちである。物事も音楽に関しても、その善し
悪しをまったくを判断できず、ただそうしたジャンク音楽に耳をかし、さもそれが
格好のイイことのように思っているのだろう。だが、その中の何割かは確実に
それが本物の音楽であると錯覚している輩がいる。手に負えない支持者たち
がいるのである(そのほとんどが筋金入りときている!)。それでボクは仕方な
しにインテリぶってジャズに手を出さずには居られなくなったのだ。カントリー
音楽の熱心なリスナーであったと自負しているボクも、昨今のカントリー音楽
界には呆れている。あれは女性3人組のディキシー・チィックスがブッシュ大
統領と同じテキサス州の生まれであることを恥じる、というコメントを出した直
後にバッシングを受け、全米のカントリー・ステーションから締め出しを喰らい、
さらには彼女たちのアルバムの不買運動までもが大いに謳われた頃を境に
して、急激にカントリー音楽は魂を失っていった。代わりに見掛け倒しの偽善
者たちがこぞって愛国心を歌ってカントリーを踏み台にしていった。カントリー
は偉大なる国家のための歌ではなく、偉大なる日々を生きるふつうの人々の
ための歌でなければならなかったはずだが、アーティストらは本質を物の見事
に見失い、カントリー音楽を失墜させたのだった。そうして、いまボクが手にした
音楽はバド・パウエルの “ the scene changes ” であった。正真正銘ボク
が初めて買った記念すべきジャズ・アルバムとなった。『クレオパトラの夢』に魅
せられ、丹念に聴き入り、今宵いくばくかの悲観論はやがて精神を病んでいった
ピアニストがどこかに葬ってくれたのだろう。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-10-31 22:59 | 石垣ゆうじ


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30