かの国王は、正当に葬られることを望まれた (7月15日)

海とは――咎めることを忘れた父親。
友情とは――何度でも笑える冗談。
男とは――愚かさの具象。

夢とは――儚き小鳥のさえずり。
過去とは――栄光に満ちた廃墟。
女とは――飼いならされた振りをするペルシャ猫。

そんなふうにしてマリーナを後にした。
では、その後は・・・?

茂みの向こうにあるものは・・・
閉ざされた劇場の看板は・・・
歌詞のない歌に込めたのは・・・

すり抜けた手の平は・・・
紙切れの下に隠された誘惑は・・・
老いた陽炎みたいな幻は・・・

泳ぎ疲れた砂浜の果ては・・・
呼び戻されない記憶たちは・・・
向こう見ずな男たちの微笑は・・・

そうするしかなかった夜毎の漁火は・・・
立ちのぼる朝靄に願う希望は・・・
昼下がりになるトランペットの音色は・・・

余すことなく堪能した路地裏の密会は・・・
打ちひしがれた雨の別離は・・・
願わなかった再会は・・・

途切れることを知らない渇望は・・・
そうすることで見えてきたものは・・・
乗ってみる価値のある大波は・・・

きれいさっぱり消えることだ。
未練を残して退場することだ。
網を引く手を早めることだ。
耕すことだ。そして、お寝んねすることだ。


(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2005-07-15 23:59 | 石垣ゆうじ


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30