<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

INTERMISSION



d0059157_115955.jpg




ちょこっとお休み。

すぐまた会えますよ。。。

(絵・トモッと)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-16 01:21 | TOMOt

秋雨の鎌倉にて (11月6日)

沢野ひとし『子供の時間』展をみてきた。沢野さんはイラストレーターに
なるずっと前には、米軍キャンプやライブハウスで活躍するプロのスティ
ール・ギター奏者であったのだ。ボクはカントリー音楽狂の大先輩に敬意
を表し、お土産に、ザ・ピーソウル・シスターズ(平均15歳の3姉妹による
トラディショナル・トリオ)のデビュー盤を携えて鎌倉へと出向いたのだった。
本当は御大マール・ハガードの新譜をプレゼントしたかったのだが、入荷
が間に合わなかったのでこれは仕方がない。

しかし、ザ・ピーソウル・シスターズのアルバムを手にした沢野さんはご
機嫌であった。なんと彼女たちの国内版アルバムを手掛けたバッファロ
ー・レコードの社長さんと沢野さんは、前夜にちょうど酒を酌み交わした
ばかりであったようで、「いや嬉しいねぇ、社長さんも喜ぶよぉ」としきりに
ジャケットに眺め入っていた。ボクも先行発売された彼の最新エッセイ集
『北京の自転車おじさん』(本の雑誌社)にサインをもらってご満悦である。
帰りの電車など、金もないくせに気が大きくなって湘南新宿線のグリーン
車へと乗り込んでみてはアジのおし寿司を頬張るのであった。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-06 23:21 | 石垣ゆうじ

大したもんだ! (11月5日)

『エンタの神様』をみていたら高校時代の同級生2人が出できた。
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-05 23:50 | 石垣ゆうじ

体調悪し (11月4日)

ともなって公私共に何事も捗(はかど)らず、ミスも多し。
若年性アルツハイマーの文字が脳裏をよぎる。ナオミ
医師からは「メモを持ち歩け!」との診断を受ける・・・。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-04 22:46 | 石垣ゆうじ

晩秋ですなぁ (11月3日)

まともなことを書きたいと思いつつ、ついぞ憂うつな心境で
11月に突入してしまった。ボクがひかる時期は蛍やセミの
ように一瞬である。ボクは秋オトコだと自負しているので、
いま力を発揮しないと冬を越せないどころか春も迎えられ
ないのである。しかし、収穫の秋といえども、あらかじめ種
を蒔くでも水をやるでもなかったモノは、鎌を片手にいった
いなにを刈ればいいのか?せいぜい頭を刈り込むぐらい
が関の山であろう。まだらになった頭を「クリクリ」とやって
みても、一休さんのように閃くことなどないのであるが・・・。

きのう神田の古本市で遠藤周作の『ウスバかげろう日記』
を二百円で買ってきたが、こいつは掘り出し物だ。ボクなん
かがいうのもなんだが“もみあげ亭”な雰囲気に満ちみちて
いて思わず「お師匠さん」と呼びたくなってくる。捜し求めて
いる檀一雄の著作がさっぱり出てこないので、手にしたタイ
ミングも絶妙なものとなった。ボクは「博識」ならぬ「薄識」な
男なので、遠藤周作の作品を手にするのはこれがお初だ。

ナオミは風邪をひいてしまい鼻を「ズスズス」いわせている。
あんまり鼻をかむものだから鼻のまわりが赤くなって気の毒
だ。まぁ、それはともかく、彼女が映画『ランド・オブ・プレンテ
ィ』(ヴィム・ヴェンダース監督)の話題を持ち出してきたので、
改めてこの映画を語り直した。きのうは腹が減っていたり、寝
不足だったりして、ただ気分が苛立っただけであったけれど、
こうしてナオミと話し合ってみると、なかなかどうして見所の多
い映画だったのかも知れない。ボクはなんだか救われた思い
で羊肉のカレーを頬張るのであった。

仕事で仙台から青森へ、2泊3日の出張に出掛けていた人生
のライバル、荒浜親方のレポートによれば、青森のおっぱいパ
ブは3千円で愉しめるのだという。そういえば先日の菊花賞で
立て替えておいたお金をさっそく現金書留で郵送してくれたの
であるが、封を開けると中にはさらに封筒が入っていて、そこに
は“ハダカの大将”山下清の貼り絵を模した『洗たくものと花火』
の絵が描いてあった。模写とはいえ手の込んだ仕事ぶりにボク
は感心してしまった。その彼に筆が進まず進退窮まった苦悩を
打ち明けると「浮かばんなら何も考えるな」と投げやりな励まし
を受けた。それでも気分がスッと楽になったのはさすがである。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-03 01:17 | 石垣ゆうじ

ビバ宮城県 (11月2日)

あるテレビ番組で“都道府県ランキング”をやっていたらしく、
宮城県出身のボクに、ナオミ女史がその報告をしてくれた。
宮城県人は「カマボコを食べる量」、「ウィスキーを飲む量」、
そして「自分は冗談がうまいと思っている」の3部門で見事
第1位になったというのだ。反対に「習い事にお金をかける」
部門ではワースト1であったという。ふむふむ。

ボクが宮城県人としての誇り(?)をまっとうするにはまず、
飲みが足らないということである。仕事上がりには余計なこ
とは一切省いて飲み屋へ直行。ウィスキーグラスを片手に
カマボコをかじり、嵐のような親父ギャグでも炸裂させること
を心がけねばならない。飲み歩いて散財していれば、自ず
と手習いなどやってる余裕もなくなるので一石二鳥だ。一見
すると楽そうに思われるが、へまをやらかすと冗談をいう相
手もいなくなるので宮城県人は注意が必要だ。やれやれ。

さもなくば、笹カマボコとニッカウィスキーの『宮城峡』でも
仕入れてきて、部屋でサラ・ヴォーンの歌声に聴き入って
いた方がよいだろう。「椅子にちゃんと座って、私は私自身
に宛てて、手紙を書こう」(長田弘訳)そうサラ・ヴォーンが
歌っているからといって、ボクが思いを巡らすのは手紙の
ことではない。もうすぐナオミ女史が帰ってくる。さあさあ。

ここから居なくならないということは、ナオミ女史は案外と
ボクの宮城県ジョークに満足しているのかもしれない。な
らばもっと素直に喜んでみせればいいのに・・・。近頃では
渋い表情をみせるどころか、明らかに無視されることもしば
しばだったから心配していたのだ。とはいえ、彼女とて宮城
の出身なのだ。あぁ、なんだそうだったのか!もっとレベル
の高い冗談を言えと彼女は言いたかったのだな。よしよし。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-02 13:10 | 石垣ゆうじ

『ランド・オブ・プラネット』を観て・・・ (11月1日)

映画『ランド・オブ・プラネット』はヴィム・ヴェンダース監督の勇み足であった。
勇み足というのはあくまでボクにとってという意味で、米国人や、あるいはあな
た方がこの映画を観てどう思うのかは気になるところである。しかしそれ以外、
つまりこの映画自体はボクにとってはまったくもってどうでもいい話であった。

2時間近い上映時間でなんど眠りそうになったか分からない。ドイツ人のヴィム
・ヴェンダース監督でなければならない理由は米国人にとってであって、ボクに
とってではない。9・11同時多発テロ事件や過去の冷戦の後遺症など知ったこ
とか、というのがボクの正直な感想である。軽蔑されそうだが、誰がひとの尻拭
いをしたいと思うだろうか・・・?

アメリカ生まれのアフリカ育ち。そして亡くなった母の弟に手紙を届けるために、
イスラエルからやってきた少女ラナ(ミシェル・ウィリアムズ)。彼女の純真さに
救われることもなく、ボクはラナが「やたらと“神に執着”しているのも問題だよ」
と心の中でつぶやかずにはいられなった。宗教がどれほど戦争をもたらしたの
か彼女は分かっているのだろうか? まぁ、ここまでにしておこう。ジョニー・キャ
ッシュも「フォーク歌手よ、政治問題には手を出すな!」と歌っていたからね。

(裕)
[PR]
by momiage_tea | 2005-11-01 20:34 | 石垣ゆうじ


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30