誕生日


「研ナオコ、中島みゆきを歌う」のノリで、我が記念日は「ラクさん、みずから誕生日
を祝う」に決めていた。朝から、何を置いてもわたしは自分のためのTシャツを確保
することに余念がなかった。あとはTシャツの色身を決めてしまえばいいだけだった。

若草色かグレーかで迷っていた。先月仕入れたばかりの濃紺のTシャツは無地で、
左胸にポッケが付いているほかはいたって特徴もない驚くべき地味さを発揮した一
枚なのだった。そのことを鑑みればここは明るい若草色のTシャツを仕入れておいた
方が得策だろう。

そんなわけでわたしは倉庫からビニル袋に入ったままのTシャツをレジカウンター
の小脇に忍ばせておいたのだった。やがて閉店の時刻を迎えると、早帰りだった
わたしは若大将にレジを打つように促した。わたしも若大将も準社員という立場だっ
たので本来ならば正社員のスタッフに会計をお願いしなければならなかった。だが
肝心の正社員はこの日最後の来店者の接客におわれているところだった。

「よっしゃ、仙台らしくていいやね。(※)ずんだ餅みてえな色をしてやがるけど、夏
だからこれぐらい明るくてもいいだろう?」とわたしはそのTシャツを購入する決断を
しておきながらわざと若大将にいった。
「いや~ラクさん、それはあんたにはちょっとばかし派手なんじゃないの?」
「まあ、そうだけどな。こないだ買った紺色のTシャツが地味すぎたからよ。今回は
パッっとしたのを選んでもいいだろうと思ってな」
「あの落ち着いたTシャツにゃあびっくりさせられたよ! いくらラクちゃんでもそいつ
はねえだろうと思ったからな!」
「白とか紺とか、地味目な方が着回しが効くのよ! 赤だの黄色じゃすぐに飽きちまう
し、第一、着てても落ち着かないのよオレの場合は!」
「あのシャツは落ち着き過ぎだって! どこの農家の親父かと思ったからな」
「だからこいつを買うんじゃねえかい!」といってわたしはずんだ色したビニル入りの
Tシャツをパシャパシャとカウンターの上に叩きつけた。
「だめだよそいつは!」
「なんでだよ?」
「飽きるって」
「たまに明るい色のシャツでも着たらいいんじゃねえかって、いつでもいうじゃねえかよ」
「いや、やめた方がいいと思いますよ。悪いこといわないからグレーにしておきなって!」

「ああ? う~む……。そうかい?」わたしはしばし吟味した。きっとグレーのシャツは
似合うことだろう。無難だし、それこそ自分の性格にもあっているというものだ。いや、
だからこそこの辛気臭いツラを誤魔化すために、陽のいっぱいに当たった若草色の
シャツを買うんじゃないか。そうすればちっとは気分も浮き立つってものだろう。ビール
に枝豆がつきもののように、新生ラクさんにも枝豆が必要なのだ! イメージカラーは
紺色でも灰色でもなくて、このずんだ色に鞍替えだ!

「いやいやいやいや、若大将! さっさとレジを打ちやがれ! こいつで決まりだぜ!」
「ラクちゃん!」と奴はいった。腕組みをして人を詮索するような目つきだ。「ラクちゃん、
もうすこし考えてみたらいいんじゃないの? やっぱりグレーだろう?」
「うるせえ男だな! なんだって今日に限ってつべこべいいやがるんだよ! 今日は
オレの誕生日だぜ! 好きにさせたらいいじゃねえかよ!」
「ラクちゃん!」と若大将は瞬きもせずにいった。やれやれといった具合だった。「あんた
気の利かない男だよなあ。誕生日だっていうから、誰かがあんたのお目当ての品を
そこいらに準備してる算段らしいぜ」

「……あれまぁ!」その計画は完全に計算違いだった。とはいえみんなの好意をぶち
壊してしまうわけにもいかなかった。わたしは肩をいからせて前方からやってくる糞ガキ
にも道を譲ってやる善良な小市民なのだ。まあそれに、「お爺ちゃん、また渋いの着て
ますねえ」とからかわれるぐらいで、グレー色なら落ち着くところに落ち着いたってところ
じゃないか。

「――そうかいそうかい、そいつはすまないねえ」とわたしは志村けんが意地悪ばあさん
を演じるみたいな物ぐさな口調でいった。いくばくかの照れとばつの悪さを覆い隠すには
喜劇がいちばんだったからだ。
「ったくよ、珍しく色気なんて出すからこういうことになるのよ!」
「なんだってオレが悪者にならなくちゃいけねえんだ?」

(※)ずんだ・・・・・・枝豆をすりつぶしたものに砂糖で味付けしたタレ。仙台名物。

(文=いしがきゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2009-06-30 00:06 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31