もみあげを見る眼。6月1日(水)石垣ゆうじ記す。

5月29日のTBS「情熱大陸」には、鉄道に造詣の深い政治学者の原武史氏が出ていた。
全国の駅に点在する名物弁当やら立ち食いそば屋を巡り歩いて、その味や店構えに変
化はないかと、暇さえあれば旅して歩くその姿に、原武史氏の根底に眠る少年のよう
な純真さと優しい眼差しがうかがえた。

番組の中で彼は、中央本線の小淵沢駅に降り立つと、一目散に丸太小屋の立ち食い
そば屋をめざし、さっそく天ぷらそばを啜るのであった。その変わらぬ味に安堵と喜び
の笑みをもらす原氏は、駅そばを「残された最期の砦」と表現した。「それがなくなっちゃ
うというのは、自分がどこにいるか分からなくなるということ」だというのだ。

こういう言葉を聞くとボクは嬉しくて堪らなくなってしまう。来週ボクは東京から実家の
ある仙台へ4、5日帰省することを決めたばかりであったのだが、その一番の目的は
愛犬ナナ(柴メス・8才)の散歩をすることなのである。あの猫のような自分勝手な小憎
たらしい可愛さが恋しくて仕方がない。

ナナと夕闇の川内へと出かけていき、東北大学記念講堂の裏手にある「三太郎の小径」
(作家・阿部二郎の功績を称えて設けられた遊歩道)などを駆けていると、何とはなしに
自分の居るべき場所や進むべき道が見えてくるような気がしたものだった。今度ボクが
「三太郎の小径」を歩くとき、その心に去来するものは一体どんなものなのだろうか?
新たな風景は芽吹いているのであろうか? 

ところでナナは「自分がどこにいるか分からなくなる」なんてことがあるのかしらん?


d0059157_16401223.jpg

■□
[PR]
by momiage_tea | 2005-06-01 12:47 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31