小川町の朝とウォラーの哲学




d0059157_0204996.jpg





   “人生は、あなたがそれを意義あるものにすることによって
    それに意味を与えた場合にのみ意味をもつ。ではどうす
    れば人生を意義あるものにできるのか? あなたの内側
    のひそかな声が、ある決定的瞬間に「これがわたしだ」と
    ささやくとき、その声に耳を傾けることによってである。重
    要なのは、そういう瞬間に、自分がやっていることを意識
    的に書きとめておき、もっとどんどんそれをやること、実
    際、一生それをやりつづけることである。”
  
       (ロバート・ジェームズ・ウォラー、『五十路を超える』)


  神田小川町。空が雨を必死に持ちこたえている。眠気覚ましの
  コーヒーとブルーベリーのマフィン。それと、朝の栄養に欠かせ
  ないのはウォラーの哲学で、一日の始まりの2時間を、カフェの
  特等席でゆっくりと過ごす。そのためにわざわざ早起きする。こ
  ころが融けてくる。

  高校の友人から届いた絵はがきを読み直し、出先で知り合った
  女の子にもらったメモへ返信を返す。引越しを間近に控えている
  が、なにひとつ片づけは済んでいない。だが、やらなければなら
  ないことをリストアップするのは止めにした。煩わしさはひとまず
  脇へ追いやることにしよう。

  ガラス一枚隔てた交差点を、タテにヨコに、車と人が行き交って
  いる。誰もが能面のように無表情だ。慌ただしい日々にせめて
  じぶんを取り戻すことを忘れないようにしたい。そうしなければ、
  あっという間に人生は灰色に覆われ、ため息に取って替わって
  しまうだろう。

  あと15分でミーティングが始まる。あと2日でぼくの東京が終わ
  る。通いなれたこの街ももうすぐ思い出になるのだ。空がめそめ
  そ泣き出した。ぼくはブルーベリーのマフェンの最後の一口を頬
  張ると、ウォラーの哲学と一緒に飲み下した。「これがわたしだ」
  といい聞かせながら。
  ■
  (石垣ゆうじ)

 □
(絵 TOMOt)
[PR]
by momiage_tea | 2007-04-16 23:40 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31