身を削る言葉



 
d0059157_2342221.jpg








  “自分自身でやめようとしない限り、人に書くことをやめさせる
    ものはない。ほんとうに書きたいと望んでいる者がいるとす
    れば、彼はそうするだろう。”
                       (チャールズ・ブコウスキー)


  感傷は物書きをたくましくするのだろうか? いえるのは感傷に
  浸りすぎてはならないということだ。感傷に浸りすぎてしまうと、
  ユーモアはすっかり影を潜めて、人は塞ぎこむようになる。

  すると物書きの綴る言葉からは自信と情熱が奪われ、「流行歌
  の方がまし」と言われることを怖れるようになる。実際、「流行歌
  の方がまし」なのだろう。多くの人間はまやかしを好むものだ。

  だが、物書きのもっとも怖れるべきは、怖れることを怖れすぎて
  じぶんを見失うことだ。つまり書くことを諦めてしまうことほどじぶ
  んの首を絞めることはないのである。

  誰かを傷つけるものでなければ、書けばいい。痛めつけるのは
  じぶんだけで十分だ。散々じぶんを痛めつけても、首を締める
  には至らないだろう。そこに残るのは研ぎ澄まされたじぶんの
  言葉なのだから。
  ■

  (文/石垣ゆうじ 絵/TOMOt) 
[PR]
by momiage_tea | 2007-04-03 21:50 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30