『ブコウスキー:オールド・パンク』を観て・・・ (10月9日)

作家・詩人ヘンリー・チャールズ・ブコウスキーの肉声は、想像していたよりもずっと
渋くて格好良かった(素面のときより酔っ払ったときに渋味が増すようだ)。上映前に
心配していたのだが、ちゃんと彼の弱さと優しさと人間としての美しさがそこには映し
出されていた。世間的にはいつだってアンダーグランドの住人として、呑んだくれ、好
色爺、喧嘩っ早いタフガイ、競馬狂などとマイナス(?)要素を孕んだ一部のマニアに
だけ崇拝される作家と受け止められてきた。そのせいで彼はあまりにも過小評価され
過ぎてきた人物だ。

確かに彼の作品には乱暴な言葉や生々しい性描写が多く、敬遠されるのは分かる。
けれども、この地球上の美しさはハワイの波間や南米パタゴニアの紫に染まった山脈、
あるいはパリコレのモデルたちやルノワールの絵画だけで語られるものではないのだ。
目を背けずとも、無理を強いらなくとも、読めば分かる。彼の言葉に触れれば、うらぶれ
た路上や酒場や娼婦、電話ボックスやバックミラーに消えていく暗闇、理不尽な強制労
働で流した汗にも、天使の慈悲そのものの美しさが宿っていることを。真実があることを。

ブコウスキーは、3本指の魂のないネズミ――ミッキー・マウスを忌み嫌っていたというが
、映画の中の彼はそのミッキーマウスが描かれたマグカップでビールを飲んでいた。ユー
モアの達人でもある。・・・・・・う~ん、なんだかブコウスキーのことを書けば書くほど彼の
魅力を削ぎ落としてしまっている気がしてならない。止めた。他人がどう思おうと理解できる
人だけが分かればいい、そんな世界がある――。

以前、日本画家の千住博さんは、何らかの理由で絵を書くのを諦めていった人たちのこと
を、「そういう人たちは可哀想な人たちです」と、皮肉交じりにいったことがある。生きていると、
暮らしに負けてしまうことがあり、そうした罠は常にいたるところに剥き出しで待ち受けている。
(ほら、そこにも!)ブコウスキーについて一言だけ付け加えると、彼は世間や人間の「嘘」を
見抜ききっていた人だとボクは思う。ありとあらゆる「嘘」に局面しても、彼は決して嘘に飲み
込まれることなく自分でありつづけた。それは我がままではなく、むしろ勇気だったのだ。

(裕)



d0059157_1485493.jpg



(と)
[PR]
by momiage_tea | 2005-10-09 23:59 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31