ビュフェと浪速の闘拳 (8月22日)

d0059157_1242538.jpg


フランスの画家、ベルナール・ビュフェ展(損保ジャパン東郷青児美術館。
~8月28日迄)を観た。「芸術とは、花のように絶対に必要なものだ」という
彼の言葉通り、ビュフェの描く作品はそれが花でなくとも――死神や昆虫
や道化師であろうと、あるいはワインの空瓶や無人のマンハッタンであろう
と、みな平等に美しかった。

それとは反対で、美しくないものはどこをどう取り繕ってみても美しくない
ものだ。18歳の早熟の天才ボクサー、亀田興毅(協栄)が、王者ワンミー
チョーク・シンワンチャー(タイ)を3回TKOで下し、見事に東洋太平洋フラ
イ級チャンピオンを奪取した。大したボクサーである。だが、ボクは「浪速の
闘拳」から美しさを感じることはなかった。

物事の好き好きや美的センスは人それぞれである。ましてボクシングは
相手を本気で殺すぐらいの意識がないと自分が惨めにやられてしまう競
技だ。常日頃からビッグマウスを叩いているぐらいで丁度いいのだが、タ
イトル戦の前日の調印式で相手ボクサーと睨み合った亀田はただのチン
ピラでしかなかった。ちっとも格好良くも、美しくもないのだ。

勝負の世界。向かい合った相手の目を見ただけでその実力差がハタから
も判ってしまうことがある。やる前から亀田の勝ちだ。しかし亀田には欧米
のボクサーが興行のあおりとして相手を罵ったりするほど、自分のイキが
った気分をエンタテーメント化することが出来ない。だから相手をただ見下
して、険悪な雰囲気を晒すしかなかったのである。

大一番も終わったことだし、たまには亀田選手もグラブを置いてビュフェの
絵でも眺めてきたらいいのだ。若さはそれだけで美しい。彼の「意気がり」が
「粋がり」に変われば、きっとリングに美しい絵を描ける。

ビュフェは『死よ万歳』という、しゃれこうべ(骸骨)が人間の老人を料理して
しまおうとする絵を描いたけれど、亀田選手にも四角いカンバスの上でそん
な愉快な作品を仕上げてもらいたいものだ。そのとき彼は、アジアではなく
世界のベルトを腰に巻いているのではないか?

(文 石垣ゆうじ)

(絵 トモッと)
[PR]
by momiage_tea | 2005-08-22 21:39 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31