映画『木洩れ日の家で』のこと。 (★★★★☆)

91歳の老婦ア二ェラは骨董品のような木造の屋敷に忠犬フィラと暮らしていた。皮肉に満ちた物言い
はウィットに暮らすための人生の秘訣であり、アニェラはきついけれど愛情にあふれた語りをみずから
と、そしてフィラにぶつけてゆく。目を白黒させたり、じっと表情をうかがったり、あるいはまるで意に介
さず刃向かったりしながらも、愛犬フィラがいつでも飼主と真剣な付き合いを守っている姿が健気で温
かい。老婦はときどき双眼鏡でご近所を盗み見るという悪癖はあるものの、木洩れ日の家でフィラとと
もに穏やかな暮らしをつづけてきたのに過ぎなかった。

そんな彼女の余生に波風を立てたのは屋敷を買いたいという隣人からの願い出だった。そんな気は
毛頭ないアニェラは年に二回しか会いに来ないひとり息子を味方につけ、その申し出を退けてやるつ
もりでいた。ところが息子は、こともあろうに自分に有利な契約を締結せんと隣人と密会して裏工作を
謀っているのだった。裏切られたアニェラは愛する息子が自分を侮辱するセリフまで聞いてしまう。家
のあちこちや庭先で、幼い頃の息子の笑顔や若かりしロマンスの記憶が浮かびあがると、威厳と誇り
を失わず生きてきたひとりの老婦は、人生の終焉に訪れた試練にことさら戸惑いをみせるのだった。

全編モノクロで撮影された作品は、アニェラの人生を物語るように陰影に富み、老いてなお輝き溢れ
るうつくしさを湛えていた。明治神宮にそびえる楠(クスノキ)を称した言葉に「樹勢瑞々」というのがあ
るが、撮影当時、実際に91歳だったアニェラ役の女優ダヌタ・シャフラルスカは、まさに「樹勢瑞々」
を体現する見事な演技でわたしたちに爽やかな感動を与えてくれる。ワルシャワ郊外の緑豊かな土
地を舞台に、信ずるべきものと受け継ぐべき価値のあるほんとうのことを教えてくれた稀にみる秀作。
ポーランド風の枯山水とでもいうべき木造家屋の建築美とガラス窓の透明感も一見の価値ありだ。

(次回予告――『カントリー・ストロング』)

『木洩れ日の家で』公式サイト ⇒
http://www.pioniwa.com/nowshowing/komorebi.html

線と行 スマートライン 
http://linemen.exblog.jp/

(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2011-08-20 23:20 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31