二回目の一過性の夏――東京 (7月29日)

d0059157_18281249.jpg



東京渋谷の裏通りで、この夏初めてのセミの声をきいた。
浮かれ気分の人々が――熟年のヨットマンから丘サーファーま
でが、新しい海水パンツを求めてそこいらを右往左往していた。

懐具合いと理想の釣り合いがつかないのだろう。やりきれぬ思い
の若者が2人、アウトドアショップの軒先のベンチにすっかり憔悴
しきって座っていた。彼らの夏に幸多からんことを願う。

ある人は夏のことを、「年ごとの我らの片想い」といった。ギラつく
太陽にありきたりな恋心を抱くのが人の常であるなら、「我ら」は
大いに夢をみるべきであろう。

海水パンツよりもコンビニで売られている虫取りアミや空バットに
惹きつけられてしまうボクにとっては、日盛りにもめげず、青々と
浮かび上がるはずのビッグマウンテンが、この大都会では視界
に入らないことが苛立しいほどに哀しい。

質の悪い暑さに晒されていると、ただそれだけで東京でなければ
ならない理由が葬り去られていくようだ。このところやけに仙台が
懐かしい。ボクが仙台への郷愁を語りだすと、ナオミは決まって
不機嫌になる。どうして彼女はこのノスタルジアを理解できない
のだろう? 彼女の生まれも仙台であるはずなのだが・・・。

(文・石垣ゆうじ)

(エ・トモット)
[PR]
by momiage_tea | 2005-07-29 23:44 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31