映画『シリアスマン』について

さて、今日は給料日だ。わたしはまだ銀行に行くまえだった。マネークリップにはさまれたわずかな紙幣
を確認するとまずは駅裏の劇場へと向かった。モーニングショー。そしてメンズ割引デーだった。しまった、
とわたしは思う。職安やパチンコ屋みたいに朝から無駄に男どもが集まる場所でなどいいことが起こるは
ずもかった。映画『シリアスマン』もまたそうした物語だった。

ユダヤ系の物理学教授のラリーは、まじめ一本槍で生きてきたつまらない男だ。妻と娘と息子と四人で暮
らす60年代の中流家庭の主は、落第生からの贈賄疑惑、妻と同僚の裏切り、交通事故、問題を抱えた親
戚を預かったせいで生じる家庭不和、はたまた隣人と庭の境界線を争うための法律相談料やバカ息子が
契約したレコードコレクションの支払いに追われたりもしている。理不尽な問題に巻き込まれながらもそれ
らを懸命に解決させようと奔走するラリーなのだったが、問題はなにひとつ片づかない。それどころかさら
に厄介事は増えてゆく始末だ。

この滑稽な男をわたしは笑えない。不安や悩みがつきないとはいえ、好きなことをなすがまま、心の赴くま
まにやるのならまだしも、ノーガードに次々と襲いかかってくる渾身のパンチに身をゆだねるというのはとて
も耐えがたいことだ。しかし現実は、ラリーとさして変わらないような気がする。ラリーが遭遇したお楽しみは
といえば、近所に越してきたセクシーな熟女が裸で日光浴しているのを偶然覗きみたことぐらいのものだ。

代々受け継がれてきた宗教やコミュニティ、そして日々の実直な暮らしのなかにこそ潜む嘘や偽りを暴い
てシニカルな笑いを提供してみせたのは、異才のコーエン兄弟。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ。
そうとしか生きられない市井の人間の、悲しくもどこか愛おしい人生の断片。あまりにも突飛なラストシー
ンに観る者はみんな言葉を失うことだろう。さりとて、戸惑いながらも思わずニヤリとさせるのがコーエン兄
弟の手腕なのだ。こうした種も仕掛けも見えみえの手品を楽しむことができるのならば、案外あなたは愉快
な人生を歩んでいるのかもしれない。

映画『シリアスマン』公式サイト
http://ddp-movie.jp/seriousman/index.html

(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2011-05-30 17:24 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31