ベル

“国の運命ってやつをじぶんたちだけで決められるのなら、問題はない。
 だが、ポーランドは小国だ。他国による侵略と支配がなんども繰りかえ
 された。そうした支配への抵抗が、ポーランドの歴史をつくったとおもう。”
                    (ポーランドの機械工、ヴィトルド・ワイダ)


ベルという犬はそういう犬だ。片目が不自由で、散歩にでるとびくついて、そばをオートバイ
が走れば尻尾を丸めて後ずさる。なにもなく、誰もいない裏道や広場でも神経質なほどに
こちらの顔色をのぞき込んでからでないと、けっして先を急がない。私はベルの声をまだ一
度も聞いたことがない。声帯を、いやこころを失くしてしまったのだろうか。鎖をつけたまま
歩いているところを捕獲されたベルの右目は、一時摘出も検討されるほど腐っていたという。

前の飼い主に虐待を受けて、身の危険を感じて、死にものぐるいで逃げてきたのだろうか。
まあそんなこと、といって忘れてしまえればいいのだろうが、ベルのこれまでの歴史は、他
国ではなく、独裁的な自国の国家元首の手による、侵略と支配によって築かれてきたもの
なのだ。だからそう簡単に記憶の悲劇が薄らぐことはないのだと思う。それでも、健気に甘
えてくる優しいベルの目に、すんだ輝きが灯りつづけていることにちがいはないのだ。

(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2011-01-28 21:02 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31