視線

d0059157_22392384.jpg


うすっぺらい男だ、私は。アレン・ギンズバーグの『吠える』もジャック・ケルアックの
『路上』もウィリアム・バロウズの『裸のランチ』も読んだことがない。代わりに読んだ
のは、ビートニクとはちがうと公言するリチャード・ブローティガンや同じくチャールズ
・ブコウスキーらの作品であった。しかもより好みなのはブコウスキーの方で、彼は
ロサンジェルスのうらぶれた街角でひたすら飲んで、愛して、おし黙ったように吠えて、
また飲んで、を繰り返しているような爺さんだ。

それで私はすっかり移動する視線ではなく静止した視線でものをみることを覚えた
のだった。代わり映えのない自分だけの部屋の窓越しから、萎縮したまま世界の在
りようを眺めている。東京小川町のとある交差点にあるカフェの眺めより、仙台のオ
フィス街にあるカフェの眺めが溌剌としていたことなどただの一度もなかった。それで
いいのだと思う。私は奔流ではなく曲がりくねった川底の、あの淀みのなかに潜む
エメラルド色が好きなのだ。

問題は、そしてちがいは、見るかみないかなのだ。東京に住む詩人はいった。「家四
軒分の空き地があれば空は見渡せる」と。私の住むあたりにも、仙台の街中にも空き
地はある。たとえ空き地がなくとも、東京のような高層ビルやネオンの洪水はすくない
から、たいてい夜空はきれいでいつでも新鮮だ。だから凍てつく風に打たれ、身を屈め、
凍る足許に気を取られてばかりではいけないのだ。ふと立ち止まり、ただ見上げれば
いいだろう。静止した視線のなかに瞬間の一生ともいえる輝きが満ちている。
■□

d0059157_2252787.jpg





d0059157_22102644.jpg



(文=石垣ゆうじ 絵=TOMOt)
[PR]
by momiage_tea | 2011-01-19 00:00 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31