三人組の女たちに思う

三人のご婦人方はジム通いの帰りのようだ。親を老人ホームに入れることを思案
し、自らは新築のマイホームを建てる準備をすすめている。バレエ教室に通う愛娘
は生まれながらにして才能が備わっていないと嘆きもしている。そのうしろのテーブ
ル席では女学生がひたすらにぎやかな笑い声をあげている。中身はまあ、中身は
足らないにちがいなかろうが、友だちとつるんでおしゃべりに花を咲かせているのが
楽しくて仕方がないといった具合で、それでこちらが苛立たされるというわけでもな
かった。その女学生も三人組だった。彼女たちもお隣のマダムのように、自立した、
上品ななかにも棘のある響きを声ににじませた熟女へと変貌を遂げるのだろうか。

それは出会った男次第だとも思えるし、どんな男との変遷を経ても変わらぬ自我
のもとに成熟するもののようにも思われた。いずれにしてもだ、その類の女性とは
私はこの先も接点がないであろう。その類の女性とは、どんなに男からみて魅力
的で、理想的な家庭を築いていたとしても、どこかしら男なしでも生きていける雰
囲気をもった女たちだ(ーーすべての女性がそうなのかもしれないが)。男として
は精神的にしろ、肉体的にしろ、経済的にしろ何にしろ、根底の部分で必要とされ
ていないことにはアイデンティティの喪失にほかならないのである。とはいえ、そう
した打撃によってぽっかりと空いた心の穴で、なおも感傷を引き受けつづけるとい
った心の蓄積のある、大きな容積をもった男どもの姿も、いまは滅多に見当たら
なくなってしまったのだが。

(文=石垣ゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2011-01-18 23:16 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31