旅しない旅

この二日間は風邪で寝込んでいたため書くことを断念せざる得なかった。
それではっきりしたのは私は血ヘドを吐いてでも書くタイプの人間ではない
とうことだ。駅のベンチはもちろんのこと寝袋やテントよりも割高な、熱いシャ
ワーと清潔なトイレが備わったホテルがあってこそ初めて旅が楽しめるという
タイプの人間だ。

だからといって観光地を巡る団体ツアーなどはもっとも敬遠したいものの一つ
であることも事実である。私は砂漠のど真ん中に車を停め、のボンネットの上
で戯れることも、メキシコの薄汚いモーテルの、タイルの剥がれたバスルーム
で乱れることにも憧れを抱く男である。つまり、うちに秘めた欲望を開放させられ
ぬまま、夜な夜な自宅のベッドまで届く寝台列車の汽笛に胸を焦がし、それでも
現状のうつつから這い出せないタイプの人間なのだった。

旅。しかも一生涯に渡って旅をつづけながらものを書いている人物がいる。そうし
たもの書きは旅の魅力を綴り、旅に誘うことをしながらも実のところ、けっして旅
にはでないであろう人びとへ向けて書いているのだ。もしくはこれから旅立つほん
の一握りの人びとへ向けて。私は偏屈な人間だから、こう考えないわけにはいか
ない。もしすべての人間が、つまりお役所勤めや土産物売りや旅客関係の仕事
を生業にしているような人物、それに旅の目的地そのもので暮らしている住人たち
のすべてがどこかへ旅だってしまったとしたら、果たして私たちの理想の旅は成り
立つものだろうか、と。

そこで暮らしている者たちの息吹(あるいは溜息)、街の明かりと影、酒やコーヒー
の味、地元紙の論調、樹の匂い、潮の匂い、排気ガスの臭い。市場の活気、歩調、
訛り、顔立ち、気温、湿度、騒音、立ち居振る舞い、日の暮れ方や雨の降り方とい
ったものが、私たちの感じ方というものが、まったく違えてくるだろうと。だとすれば、
それがなんだというのだ・・・・・・。

よそのテーブルからキーボードを激しく打つのが聞こえてきて私を不快にさせる。
誰しもが重要な仕事にかかっているといった塩梅でキーボードを激しく打ちつづけ
ている。私もそのひとりなのか? 声をあげて泣くとしよう。
[PR]
by momiage_tea | 2010-12-18 21:48 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31