陶酔


そのコーヒーは熱すぎた。客の回転率が鈍っているのは明らかだった。月曜日
とはいえ三連休最後の夜だった。閑散としたカフェのテーブル席でひと組の男女
とふた組の女性たちがさもない会話に夢中になっていた。休日の疲弊した気分
と寂寞はジャズの音色によって幾分解消されたばかりか、ささやかに華やいだ
印象さえ醸し出していた。ちょうどチャップリン演じところの腹ぺこの流浪者が暖
かい灯りと芳しい匂いとを運んでくるレストランを見つけたようなものだ。

わたしにも待ち望んでいたものが忍び足で近づいてくるのがわかっていた。喜び
がもうそこまで来ているのだ。ひとつの短編がわたしの眼に涙を潤ませ、外では
夜気が急激に冷え込んできていることまで感知できた。ふと向けられた視線を察
知したわたしは文庫化されたばかりの『ニューヨーク・スケッチブック』(ピート・ハミ
ル著)をはたと閉じ、はにかんだ笑みを漏らすその娘を見つめ返した。彼女は遠慮
がちに照れてみせたけれども、その眼には女性特有のハッとするような自信を宿
していた。

決して胸は豊満ではないが全体的に肉付きのいい体質の彼女は背が高く、少年の
ように短い髪型が幾分のアンバランスさを兼ね添えた完璧な美を形成していた。憎
らしいほどの可愛さだった。わたしは彼女の瞳の中に――ソバカスと無精髭だらけ
の――醜い自分の顔が映し出されていることさえ忘れてしかと彼女の両目を捉えた。
ここで見逃したら二度と出逢えないのだと言い聞かせながら、ただただ素敵な笑み
を浮かべる娘の美しさに神経を集中させていた。

(文=いしがきゆうじ)
[PR]
by momiage_tea | 2009-07-21 21:10 | ゆうじ × TOMOt


モノ書き石垣ゆうじとモノ描きTOMOt「もみあげ亭」二人による気まぐれ日記


by momiage_tea

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


■もみあげ亭アーカイブ
もみあげ亭ブログより抜粋した、選りすぐりのストーリをお届けします



■絵日記「TOMOt日和」
絵かきTOMOtの、旅とARTを感じる日々のおこぼれ日記



■木小屋日記(けごや日記)

山形県小国町在住のかご作家・炭焼き職人のブログ




ブログパーツ

カテゴリ

全体
ゆうじ × TOMOt
石垣ゆうじ
TOMOt
写真
TOMOt DesignWork

以前の記事

2012年 08月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

タグ

(8)
(6)
(6)
(5)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31